開業した人がわかるサロンを始める時いる物

レッスン3の自宅ネイルサロン独立に必要なネイル用品と小物では、最低限のものでスタートして、お客様の声を中心に、お店のコンセプトに沿って増やしていくのがいいというお話をしました。

 

このページでは、実際に父の仕事場の片隅からはじめ、1部屋の自宅サロン、ブース、店舗サロン、マンションサロン、40畳の店舗サロンを経験してきた私自身が、開業時に必要としたものを、参考になれば・・ という意味から載せてますので、初めから全てをそろえる必要はないという事が分かっていただければ・・ と思います。

 

もちろん、お金がある場合は、お店のコンセプトに合わせて、ある程度揃えたほうがいいですが、私のように開業時にお金がない状態の場合のやり方と、2店舗目を出すときのマンションサロンのような、ある程度資金がある時のやり方では違ってきますので、それぞれみて、自分が今からどうしていくか? の参考にしてください。

 

 

ちょっと一服 サロンの裏話

店舗に出る時の話ですが、自宅で初めた時の、”全くお金がない” 状態ではなかったのですが、
急遽店舗に出る事になり、余裕はそんなにない・・・ という状況でした。

もちろん、お金はなるべくかけない = 結果的にお客様にいい事 と思っているので
自宅で使っていて、そのまま使える物はすべて店舗サロンに移動させたのですが、
ポリッシュに関して・・・  失敗しまして (;´Д`)

ネイルサロンを始めて当初、今のこの時代に、ポリッシュの数カラーのみのスタートでした Σ(゚д゚lll)
※今思えば、いくらお金がないからと言っても、本当に凄いな・・ と

その反動もあってか、店舗に出る時に、ジェル等は自宅で使っていたものを全部移動させたのですが・・
店舗に出る時には、ほとんど使う事のなかったポリッシュを全種類買っちゃうという暴挙に出ちゃいまして。

自分では、いろいろな種類、カラーがあった方がいいと思ったのですが、ポリッシュ自体ほとんど出ないですし、
ジェルの時に学んだ、お客様に必要とされているカラーを中心に・・・ を忘れていまして、
数回しか使わずに固まっちゃったカラーも結構ありまして (汗
※人気のないカラーですね。

そして、極めつけは、ドックネイル!
これは店に置いてあって、購入される方もいたのですが、無駄に2個セットも購入しちゃうというΣ(゚д゚lll)
動物禁止でやっていたので、全くの無駄な買い物だったと

自宅サロンを始める方も、店舗サロンを始める方も、
あったらいいかも!?というモノはいらないものなので、○○さんはこれが必要・・・ と言った
必要になるものを中心にそろえて、その後、必要になったものをどんどん増やしていくのがいいと思います

 

 

実際のネイルNANAの自宅サロン開業時 (お金がほとんどない状態)

よく質問される事の1つに、初めにネイル用品を全部揃えたんですか?
お客様はどうやって呼んだのですか? 全部でいくらかかりましたか? という質問があります。

 

私は、ネイル用品は、1つずつ1つずつ揃えていったので、実際いくらかかったかはわかりませんが、一ついえる事は、マニュキュアとトップコートがあればスタート出来ます。私がそうでした。

 

初めにあった道具は、ニトリで買ったと思われる椅子と机(家にあった)をもらい、ネイル用品にいたっては、マニュキュアだけ。
しかも、種類は10種類あるかないかの状態です。

 

マニュキュアで施術して、もらったお金で、ハードジェル(セット)を購入し、ハードジェルを始めました。

(と言うか、開業時はマニュキュアとハードジェルしか知りませんでした)


マニュキュアの施術で頂いたお金で、ハードジェルの、UVライトと筆達と、ベース、ボンダー、カラー3種類とラメと、ストーンを、買えるだけ(少し)買っただけで、お客様を何人かやっては次の道具、そして、その道具を使ってまた施術しては、また次の道具を買うというスタンスでした。

 

で、ハードジェルの道具を最低限購入した状態の時に、チラシ、ポスター配りをはじめ、自宅の20kmの周囲に、とにかくがむしゃらに配り歩きました。

 

初めてのポスター等では、ほとんど新規様の来客は無かったですが、それでも何人かのご来店、『みたよ♪』 という声をもらえて、さらにじゃ、次はココに・・・などとお願いに周ってました。

 

少しの期間、マニュキュアと、ハードジェルで施術をしていたのですが、ハードジェルはお客様によっては爪に負担がかかる事を知り、お客様の声を中心に、少しづつソフトジェルの用品を揃えていきました。


それと同時にHPを作成しつつ、他の集客方法も考えてやってみる毎日を過ごしていました。

この頃は、やる気満々で、今思うと、やる気しかない感じで空回りも多かったです。


次に、ハードジェルで施術したお金で、ソフトジェルを買って、ハードジェルで施術しては、ソフトジェルを購入して、ある程度そろってからは、ソフトジェルで施術してはソフトジェルを購入して・・・その繰り返しです。

 

そして、その肝心のお客様といいますと、マニュキュアの時は、家族と、友達、そして、友達の友達や友達の友達のみです。(最後の方は、全然知らない友達の友達の友達の友達とかもいました)

 

施術させてもらって、そしてまたネイル用品を増やす。

 

当時はインターネットにも開業の事は全然出てなかったのですが、もし、このサイトのやり方を知っていれば、まずブログとHP、そして効果のあるチラシを大型店に配り、もっと楽に今のトコロまでこれたなぁ・・・・ と思いますが、試行錯誤しながら、いろいろやってきた結果が今です。

 

そしてその時にいろいろ体験、経験したことは、店舗に出た時や、2号店を出した時に非常に役にたったので、いろいろ失敗&上手く行くまでやってみてよかった・・ と思います。

 

開業してから考える、開業時にいるもの

写真をみて頂くとわかるのですが、これでも、ハードジェルを少し揃えて、自分で集客し始めて1ヶ月後の2009年5月の、だいぶ揃った状態の写真です。

 

一番初めの父の仕事場の片隅で開業した当初は、写真奥にある道具ももってませんでした。

 

HPからのお客様もこの状態で迎え入れていましたので、今思うと、凄い度胸をしていたなぁ・・・と。
※でも今から0からやれ!!と言われれば、マニキュアとトップコートとパソコンさえあれば十分です。

 

 

ですので、道具や、資格にこだわる方が多いのですが、そのどちらもない状態の自宅の1部屋の写真を見ていただければわかるよう、こだわりを持つ部分に、道具や資格は必要ないという事です。

 

当時は私自身も分かってませんでしたが・・・ いろいろしてきた今だからわかります。

 

開業、経営していく為の知識や技術がないからと言って、道具や、資格に頼らないと出来ないようでは、その後の経営が難しくなっていってしまい、いつまでたっても、自宅で、1人ネイリストとしてボチボチが精一杯の結果になってしまいます。

 

今は、インターネットがあり、いろんな情報が簡単に手に入り、なんでも安く手にいれれる時代なので、このサイトを読んでいる方で、全く何も持ってない方はいないと思いますが、道具は今あるもの、セルフジェルネイルレベルからでも全然問題ないと思います。


ただ、その方に合わせた集客法が肝心なだけです。

集客する時に嘘は絶対NG という事だけを守れば、なにも問題なく開業経営していけます。

 

開業時に必要なのは、ネイル用品や資格と思われがちですが、開業時に何より必要になってくるのは、集客方法と接客方法だけです。

 

マニキュアセットでも、ソフトジェルセットでも、単品でも構いませんので、まずは持っている道具で、親、姉妹、友達をやってみてください。(広告に使う写真ゲットです)


そこがお客様施術のスタート地点となり、ブログやHPには、今もっている道具でできるネイルデザインの写真を載せる。

 

もちろん道具が揃っていたほうが有利だし、いろいろなタイプのお客様も呼べますが、私自身でもそうだったように、今あるネイル用品で施術した、ネイルデザイン写真を使って集客したお客様であれば、その道具で十分いける! と言うことです。

 

白のマニキュアのフレンチにトップコートの写真をみてお客様がご来店してくれれば、 ””その技術、それ!”” がしたくてお客様がご来店されるのです。

 

もちろん、できるデザインに限りがある時は、集客ツールに書いておかなければなりませんし、予約の電話があった時に、出来るデザインに限りがある事を伝えつつ、ぜひやらせてもらいたい意思表示しないといけません。

『HPやブログに乗っているデザインはすべて出来ますが、他店様のお写真や持ち込みの雑誌のデザイン等で当店でご用意できてないカラーやアイテムに関しては出来ないものもあっちゃうんですけど、出来る限り頑張らせてもらいますので』 と言ったような感じです。

※調色等が出来る場合はカラーは好きに作れるので、カラーに関しては心配なくなりますね。

 

一般的に勘違いしている人が多いことに、初めからフルセットをそろえないとお客様が来ない! や、全部出来ないとお客様が来た時に困る。ソフトジェル や エアー や アート が出来ないとダメなんじゃないか・・という事がありますが、実際は・・・・・・

 

それらは全く関係ありません。

 

もし私が、今、マニキュア3色とトップコートしかない状態でも、それらを使ってできるデザインでHPとブログをつくり、できるデザインの説明もした上で、その状態に合わせたお店のコンセプトを作り、集客し、ネイルサロンを繁盛させることができます。(その状態でも施術しては購入、施術しては購入で、短期間で今の状態になれると思います。)

 

あとは、お客様が、私達のネイルサロンの集客ツールをみてご来店いただければいいだけで、最終的に、選ぶのはあなたでも他のサロン様でもなく・・・

 

お客様なのです!!!

 

マニキュアの黒のみしかないお店! それでもお客様が選んだのであればそれでいいんです。

 

経営と言うのは、お客様が求めるサービスを提供して利益をだす事であって、サービスを提供する側がサービスを選ぶ場所ではないんですよね。

 

 

もちろん、ネイル用品があまりにも少ないと、気恥ずかしさはあります・・・・。

(私自身も、開業して間もなく、他店様のネイリストのお友達が来られて ”用品が少ない” と言われたことがあります)

 

ですが、そんなくだらない事は気にしません!!

 

現実に私がマニキュアで施術をしていた時も、他のサロン様はソフトジェルが当たり前だったのですが、その時の私にはお金もなく、知っている知り合いもなく・・・・

持っていたものは、マニキュアとネイルが好きと言う気持ちだけだったので

 

ですが、結局・・・・

他店様からのお客様が当店を選んで来てくれて、あっという間に地元では1番お客様数の多いネイルサロンになれました。(ちなみに、開業時に、『ネイル用品が少ない』といいにきた方の友達のネイリストさんのお店はなくなりました)

 

ネイル用品は少なく、1室の自宅もさみしい感じでしたが、『それでもいい』 というお客様が沢山来てくれて、徐々に道具も揃えれて・・・ 今になります。

 

0からはじめようと考えている方に必要なのは、お客様本意の考えと、他のサロンを見ない! 選ぶのはあなたではないのです。 (人気のないサロンを見ても意味がないです)

 

お客様がすべて選ぶので、お客様の考えだけを注意してみていればいいんです。

 

なので、自分ができる事を堂々とブログ、HP、チラシで言ってください。周りのネイルサロンがどんな事をしていても全く関係ありません。(周りがソフトジェルだらけで、あなただけポリッシュしかなくても関係ないです)

 

その時の集客ツールへの書き方は お客様にどんなメリットがあるかをわかりやすく書く!

 

マニキュアのメリットであれば、低料金で、月に何回も楽しめる、爪を傷めない、簡単に落とせる、寝ている間に施術します 気軽に楽しめます 等など・・・ これらのメリットを元に作成すればいいんです。


そして、メリットというものは自分で作るもので、人によってそれぞれ違うのです。

 

ここでは例として、私の開業当初のマニュキュアで言ってますが、最近はソフトジェルセットもかなり安く、セルフジェルネイルもかなり安くできますので、お金ができたら真っ先に購入する事をお勧めします。

 

また、ストーンや、カワイイアイテムも揃えれると、かなり幅が広がり、色んなタイプのお客様に選んでもらえるようになります。

 

そして、お客様を施術しながら、お客様の求めているものから中心に増やしていく。

 

これが一番大切です。

 

それと同時に、あなたには経験という最強の資産がつくられていきます。


失敗も成功も経験なのですが、失敗の経験のほうが役に立ちます。経験はお金よりも資格よりも、何よりも大切です。

 

理由は簡単!! 経験があれば、お金も資格も勝手についてくるからです。

 

 

 

ネイルNANA2号店 マンションサロン開業時 (ある程度資金と経験がある状態)

 

 

 

 

 

 

 

 

ネイルサロン開業時に勘違いされてる方が多い事 ネイルサロンに必要な資格とは?
必要なのは、ネイル用品や資格ではなく、やる気と向上心

 

ネイリストで勘違いしている方が多いのが、 ”資格があれば稼ぐ力がある” と思っている方です。

資格は就職に有利なだけで、経営していく上では関係ないです。

 

現実は今までにしてきた体験や、経験が稼ぐ力となるのです。

 

資格を有利に使える方はいいですが、逆に、資格をもっているばっかりに頭が堅くなっている方がほんとうに多く、日本で、持っているだけでお金に変わる資格は、医者系や弁護士等の士業であって、ネイリストの資格は、もっていればお客様がくる種類のものではありません。

 

ネイリストとしてただ働くだけなら、採用してもらいやすくなりますが・・・。

 

ですので、今現在ネイリストの資格を持っている方、サロンに勤めていた経験がある方は、施術の部分ではできるけど、経営 & 接客 & サロン業務は素人!! と自分の出来る事を100%、把握してください。


ここで、0に戻れるかどうかで、成長できるか出来ないかが決まります。

 

そして、資格を持ってない方、資格にこだわりがない方は、0から自分のネイルブランドを立ち上げるつもりでやってください。※私は自分のネイルブランドを立ち上げてるつもりです

 

一番の困ったちゃんは、ヘタにプライドがある方です・・・沢山知ってますが、0から教えた子がお客様でポンポンになっている状態のときに、グチグチ言いだすのが有資格者です。悔しいのはわかりますが、現実お客様が選んだのが、有資格者より、0から教えた子の方なので、認める部分は認めないと先に進めないです。

 

くだらないプライドを捨てて、お客様に必要とされる、求めるネイリストにならないとこの先難しいです。

 

最近では有資格者や、ネイリストより、全く違う業種(OL等)からネイルサロンで起業して、上手く流行るお店をつくっている人が沢山でてきてるのが事実で、その理由は、お客様目線が出来てるからです。

 

そして、ネイル技術だけに頼ってないからであり、サービス業と職人気質を同時に取り入れ、経営と技術と接客を同時にレベルUPしていくからです。

 

さらに、自分がネイリストでないので、お客様が、”ネイリストが求める技術を求めているわけではない” 事を知っているからです。

 

何度も言いますが、もちろん資格や技術はあったほうがいいです。

 

ですが私達の言う技術とは、””お客様を喜ばせる経験!!”” これのみなんです。

 

では私達は経験をどうやって積むのか・・・・。

 

それは、失敗を沢山する! と言いことです。近道も小手先の技もなく、これ以外にはありません。

 

経験を積んで、その経験を活かした上に、ネイル技術、接客技術もあるネイリストがいるネイルサロンであれば、選びませんか? 行ってみたくなりませんか?

 

失敗を体験、経験すると、技術に変わるのです。

(失敗を糧に交渉できる場合のみ)

 

そして経験が増え、それを活かせると、お客様を喜ばせる技術が上がり、お客様を喜ばせる技術が上がると、利益がふえるのです。

 

まずは、自己満足のネイル用品や、道具や、場所や、内装にこだわるのをやめて、今ある技術を最高に駆使してブログ、HPでの集客をはじめてください。

 

そして、お客様の声を中心に、あなただけのお店を作って行ってください。