大手サロンと個人サロンの違い

開業時、コンセプトを作り、 ”私のお店の強みはここ!” と決めてやってきたわけですが、ここで一度、周りにある大手のネイルサロンと、あなたのサロンの違いを知っておく事が大切です。

 

上手くいっている場合はいいですが、上手くいっていない場合は、変えていく必要がありますし、

今からネイルサロンを始める方には、すぐ近くに大手サロン様(チェン店様)があるから・・・ とガッカリせずに、スグ隣に大手サロン様があるから、集客に困らない、”ラッキー” と思ってもらえるようにするキッカケになるので(大手サロンが集客をしてくれて、そのお客様を隣の個人店がもらっていく構図ができます。)

 

それが、大手サロンと個人サロンの違いを知る事ですが、もともと、大手サロン(チェーン店)が好きな方と、個人店が好きな方はある一定数います。

 

大手が好きな方では、 ”大手なのでちゃんとしている” (往々の場合そうではないのですが)、 ”大手なので、安くて保証がある”(大手の広告はとにかく一番安い場合の値段で書いてあるので)、 等と思い込んでいる方が多いですし、

個人店が好きな方は ”みんなと一緒じゃ嫌” とか ”大手は雑、個人店は丁寧”(これについては個人店で雑で嫌な思いをしているお客様も多いのですが) とか ”個人サロンの方が融通が利く” 等と言う事を今までにいったチェーン店で、体感的に理解している方が多いです。

 

私が思うにはですが、これは美容室が沢山あり、そこからの体験を元になっている場合が多いと思いますし、最近ではネイルサロンも増えてきて実際に体験してそう感じているという事なので、個人店はそんなお客様のご要望にまずは応えていかなければならないという事になります。

 

私達は、それらのお客様からみた ”個人店のメリット” を全面に出して、どんどん伸ばしていきながら、個人店のデメリット、つまり大手のメリットになる事をやっていけるようにしていくことが大切になってきます。

 

 

ちょっと一服 サロンの裏話

サロンをしているといろいろな事があるのですが、
特に聞いてなくても、いろいろな情報を教えてくれるお客様、ファンのお客様がいます (;'∀')

いまだに私自身が意味が分からないのですが・・・・


他店のサロン様で、当店の陰口を言っているという Σ(゚д゚lll)

常連様の1人ですが、ネイル兼設のエステサロンに行かれている方が話してきたのですが、
お客様『毎回、○○のエステサロンに行くたびに、当店の陰口を言われるんだけど・・・
なに? あのお店知り合いなの? なんなんだろう?』 と (*_*)

私の考えですが、ネイルも兼設されているので、エステをされた後に、ネイルもしてほしいのかな?
と思ったりもするのですが、普通、倫理的に考えても他店様の事は言わないですよね (;´Д`)

結果ですが、その常連様が辞めたのは、陰口を聞いて当店に来るのを辞めた・・・
のではなく、そのエステサロンに行くのを辞めました。

ちなみに、その常連様には言ってませんが、そのネイル兼設のエステサロンでネイルをされたお客様、
分かっているだけでも結構な人数の方が当店のお客様になってまして、
そのお店から移動されてくるお客様は 『前行ったところ、ネイル下手で・・』 とよく聞いてまして、
実際にネイルを見る限りでも、かなりヤバイ・・ というのが私の本音です。

が、私は誰にも言った事がありませんし、今後も言いません。

理由は単純なのですが、自分のお店の特徴や頑張ってるトコロ、自信がある部分を言うのはいいのですが、
他店様の事をいっても、自分の評価を落とすだけだからです。

 

たとえそれが、自分の意見でなく人からの意見だとしても、それを股教えする必要がないんですよね。

危険だとか、ケガとかとなると、お客様に話すこともありますが、
それ以外の事で、他店様にマイナスになる事は 言わない ようにする事をお勧めします。
※されたネイルデザインを見せられて、どう思う? と聞かれることも結構あったりしますが、
やんわりと、『ちょっと私とは違うかな?』 程度にしておくのが一番です。

 

個人サロンと大手サロン それぞれの優位性

 

私にはわからない部分も沢山ありますが、私達にとって必要な情報だけを見ても、大手の強みは

資本力がある。

日本人は大きいものにひかれるので、集客に有利。
大きな意味で新しい物を取り入れるのが早い。特に効率化に繋がるもの。
資本力があるので、安いものと高いものをハッキリつけられる。いろいろ検証できる。

 

逆に弱いところは

社長自ら現場にいないので現場がいい加減になる。
スタッフ全員に社長、オーナーのコンセプト、考えがしっかり浸透してない。
自分の会社じゃないので、お店の事、お客様の事をしっかり考える子が少ない。
お客様の生の声が社長に届かない(悪いことは店長をはじめだれもオーナーに言わないので)
とにかくお客様に喜んでもらう!!と言う考えより、利益を優先させる傾向がある。
※利益を優先させるのは会社として当然ですが、何よりも利益という考えが露骨に出ている。

新しいものは取り入れれても、新しい事をする時は、動きが遅い。

 

 

と、自分に都合がいい事がパッと思い浮かびますが、大手の強い部分は別として、弱いトコロはかなりの確率で当たっていると思います。

 

 

次に、自宅サロンをしている人・小さいながらも店舗を持って現場で働いている人のメリット(私もです)は、

自分のお店なので、コンセプト、目標を持ってしっかり浸透させながら仕事が出来る。
スタッフのやり方をみて、注意しながらお店を作っていける。
資格よりも、自分のお客様に喜んで頂けるよう、お客様本意のお店を作れる。
変えようと思ったら、自分が率先して今スグにでも変えていける。
今やってスグにデータをつけて改善していける。
お客様の生の声をスグにとりいれれる。

 

そうです、大手様の苦手な部分に対して、個人店であれば、それがそのままがメリットになります。

 

逆に弱いところは
はじめのうちはお金がない
新しいモノを導入する時の資本がない
メニューにかなり低料金のものを思いっきり作れない

 

と、まだまだ沢山あるとは思いますが、これも大手のメリットがそのままデメリットになってる感じです。

 

 

ちょっと一服 サロンの裏話

近くに新しいネイルサロンができると、サロン仲間の中で心配する子が出てきます (´∀`*)

そして、それが有名な大手ネイルサロンだったりすると、さらに心配する子がいたりするのですが、
このページに書いてある通り、全く心配する必要がないどころか、ラッキーと思ってください。

大手サロン様は、開店時にかなり集客に力を入れてくれますので、
ネイル自体にそんなに興味がない方にまでネイルを刷り込んでくれます。

そうです、あなたの地域のネイル人口が増えるんですよね。

私たちのように、集客にお金を使ってない場合、全く興味がない方まで届けるのは大変ですが、
※このサイトでいう、嫌でも目に入るポスターやチラシですね
代わりに大きな集客費を使ってくれて、その地域のネイル人口を増やしてくれるんですよ。

私達個人店は、紹介に力をいれてるので、
新しくネイルを始める方がいる → それを見て友達が声をかける → ご来店してくれる
という図式が、年間を通すとかなりあります。

もちろん、大手のサロンの方が合っていて、長く通われる方もいますが、多くの方は、
大手サロンに言った後に個人サロンに行くと、サービスの違いや接客対応に驚かれるので ((´∀`*))

なので、大手サロンが近くに出来たら ラッキー ♪ と言えるように、
普段から大手サロンでは出来ない 個人店ならではなの接客対応&ネイル技術を磨いておくことが大切ですね。

 

 

当然ですが、私たちが狙って攻めるトコロは、大手のデメリットの部分で、個人店で言うとメリットの部分で勝負していくわけです。

 

勝てる部分で頑張って行く事で、大手のチェーン店の1店舗ずつの勝負であれば、お客様満足度はもちろん、お客様数でも勝つことは難しくありません。
(※現に地元では、大手が2店舗ありましたが、お客様人数は1番になれました)


理由は、大手のコンセプトと元々違う層のお客様が、私たちのお客様ですし、

お店のコンセプトを考えた人、つまりあなたがお店にいて陣頭指揮をとれるからなんです。

 

大げさに言うと、大手サロンで雇われて、なんとなく働いているスタッフ VS 自分のお店で、お客様を真剣に見つめているあなた という構図です。

 

コレなら完全勝利ですよね。 当然です、思いも行動も考えてることも違いますので。

(もちろん大手サロン様の中には本気で頑張っている方もいますが、多くの場合は、

 自分のお店と思ってやっている方より徹底はできなく、それが他のスタッフに感染して結果ナーナーの状態になっちゃう)

 

しかし オーナー勝負では資本力のあるほうが有利です。

が、結局は何千人お客様を集めても、現場の店長&ネイリストが全てを握っています。

 

だって、どんなにオーナーがいい事を考えて、お客様の事を考えて、スタッフの事を考えても、現場で、実際にお客様に対応するスタッフが、あまり理解してない、危機感を感じてなければ意味がないんです。

 

次回予約率も、リピーター率も、紹介率も、なんとなくやっている50%ぐらいなのと90%では、3ヵ月後にはかなり大きな差になって、さらに半年後には、全く見る影もない差になってるんです。

 

 

その両方共を兼任しているのが、今このサイトを見ているお店の社長のあなたです。

 

その現場が全ての元であり、はじまりで、オーナーと店長が一緒の、私たちの今の立場は最高にお店を盛り上げていける要素の1つなので、この優位性をフルに使うことが、開業時の鉄則になります。

 

この優位性を使わないでいると、大手に勝てる理由がなくなってしまいます。

 

そんなことあるの? と思う方もいると思いますが、あなたの周りの個人店を見てみてください。大手がやっているからと言って、大手の真似をして、似たり寄ったりのお店になっていることはありませんか?

 

個人店が、大手がやっているから・・ と、全く同じ土俵でマネしても、勝てるはずがないんですよね。

 

 

当店の場合は、この店長&ネイリスト勝負で勝ち、さらにオーナーとしての集客では、勝ってもないですが負けてもない現状をつくったことで0からここまで急激に大きくなれたのです。

 

この違いをどこまでお客様に伝える行動が出来るかが大きな鍵であり、そのお客様に伝える技術、接客の技術を付ける事が優位性に繋がるのです。

 

 

決して大手の真似をせずに、自分の味を出していくことが大切です。