料金を上げるタイミング

0からネイルサロンをはじめた方は、ある程度経験を積んで、お客様に満足してもらえる技術がついたら、次にする事が料金の値上げになります。

 

私同様、開業時は、サービス業として、練習しながら施術させてくださいという事で、低料金ではじめる方が多いと思うのですが、ある程度人数をこなしレベルが上がり、お客様が増えてきたら、料金を上げる必要が出てくるからです。(初めは、結構ギリギリの感じで始めた方は特に)

 

料金を上げるのってなんか怖いですよね。

いいのかなぁあ・・・・とか思っちゃいますよね。

 

今でこそ言えることなのですが  いいんです。

 

需要と供給で値段が決まるのですし、初めに料金が低いのも、経営初心者としては普通です。なので、出来る様になったら料金を上げるのも普通で、逆に、接客初心者で、お店をやり始めたばかりの状態と、接客熟練者で、お店の経験を積んだ方と、同じ料金ではおかしいので。

 

それはお客様自身も分かっていることです。

 

実際、お客様はそれこそ何千円もアップする訳でなければ、少しずつのオプションで、料金を上げていくことで、500~1000円ぐらいでしたら、全然気にもしていない方がほとんどです。

 

例 今まで全部で10000円 → 11000円 にしたい。

 

ケアで200円、全体のカラーで200円、マッサージで200円等、少しずつの単価を上げるのが、一番お客様も抵抗無く、何にも言われません。(こちらが ”えっいいの?”とドキドキするくらいです)
『少し上がったんですよ~』と言っても『あっそうなの??』 で終わっちゃいます。

 

 

なので、このページでは、そんな値上げの話ではなく、私自身が自宅でマニキュアを2000円でしていた時から、ハードやソフトジェル等で 基本料金を7000円~ に値上げした時の話をします。

 

普通に考えると、同じネイルデザインが3.5倍なので、ありえないですよね。

ですが、全く素人の開業時の2000円は、私自身のサービス業の練習もかねての料金設定でした。

 

基本料金が 2000円 → 7000円 です。

 

後に、エアー、アクリルスカルプ等も入ると13000円ぐらいまで上がっていってますが、ここでは1番初めての値上げの時のお話を例に書いていきます。

 

2畳間の父の仕事場の片隅でやっていた状態から、自分の部屋に移った時の話ですが
『次回からお部屋が変わると同時に、基本料金が○○○○円に上がるんですけど、

 次回のご予約は、○月○日でいいですか?』
と、この↑のまま言ってました(笑)

 

しかし、友達の友達や、ブログやHPからのお客様、ポスターからのお客様も、みんなお友達のように仲がよかったので
『ぜんぜんいいよっ。今まで安すぎて悪い気がしてたんだよねっ』
といってくれて、結局、1人も減りませんでした。といっても、お客様は20人もいないくらいですが・・。

でも20人で0人と言う事は100人でもあまり減らないのは簡単に予想出来ますね。

 

お客様の中には、私が料金を上げるという前から、『もっとちゃんとした料金設定にしないとダメだよ』 と言ってくれる方も何人もいたので、お客様に背中を押されて料金を上げた感じもあります。

 


今では確信してますが、お客様は料金だけを見ているのではない。

料金よりも ””人柄と、技術に見合った料金”” であれば喜んで払ってくれる! という事実です。

 

 

ちょっと一服 サロンの裏話

初めて料金の話をしてきてくれたのはお客様からだったのですが・・・・
お客様 『料金、ちゃんとしたほうがいいよ』 といわれたのですが、なかなかお客様に言えませんよね (;´Д`)

『今までは○○○○円だったんですが、上手になったから○○○○○円に上げます』 とか (笑
※上手になったからを抜けばいいんですが、単純に言うとそういう事になっちゃいますよね(;´Д`)

 

需要と供給で決まってくるのが料金ですが、それでも・・・『私、3カ月先のご予約まで頂いていて、いっぱいなので、
需要と供給のバランスを均等化する為に、料金○○○○○円にしますね』 とかも (笑

今でもたまに言われるのが、
『上手さとか経験に合わせて料金上げて、低料金を目的で来てる人減らして、枠をあけてよ』
ですが、これしちゃうと、お店のコンセプトとやってる事が違ってきちゃうから Σ(゚д゚lll)

今のコンセプトが低料金で楽しんでいただく・・ というのに『経験も技術も上がったので、低料金をやめて高料金にしま~す』
と言い出したら・・ 今まで育ててくれたお客様に申し訳が立たない とかね。


確かにネイリストから考えると言いにくいのですが、私がお客様の立場だったら!! と考えると、そうでもないんですよね。

お店の人 『○月から、料金が○○○○○円になるんですけど』   私『そーなんですね。』 初めはこれだけですよね。


で、自分で考えるわけですよ。

私は、今行っているお店に○○○○○円払っても行きたいのか?

 

で、行きたかったら値上がりしても行きますし、
○○○○○円になるんだったらいいや・・・ と思えばいかないだけです。

凄く単純な事で、これはお客様から見て、それだけの価値があるかどうか!? だけが問題なんですよね。

なので、お店側が、勝手に緊張して、恥ずかしがって、モジモジして言う必要がなく、
自分がしたい料金を提示して、来たいお客様だけが来る・・。

 

非常に単純な事なのですが・・・  でも、やっぱり言いにくいなぁ~~ と。

 

私自身、開業冊子販売に関しては一冊3万円で、数百人に販売しているのですが、
これは、内容を知れば、すぐに数十万、数百万、数千万と利益が上げれる自信があり、
私自身がやってきたことだから、堂々と販売できたんですよね。

何百万と利益を出せる冊子だから1冊3万円で堂々と販売してます。

なのに、ネイルサロンでの料金上げでは、4000円、5000円の値上げが言いにくい・・・・。
お客様に満足してもらう自信、需要と供給に合わせているだけなのに言いにくい。

人間の心理って不思議ですね。

 

現に、今までご来店してくださっているお客様だから言いにくいのはあるのですが、
それならそれで考え方は沢山あり、これから新規様になる方だけの値上げとかもありですよね。

 

 

ネイルサロンのお客様は何に料金を払っているのか

私自身、自宅サロンを始めてすぐの時に(まだお客様が全然少なかった時です)、頼まれてアルバイトをしていたネイルサロンでは、1人の施術で12000円~15000円の施術料金を頂いていましたが、お客様は喜んで帰っていかれていました。(ハードジェルしか出来ない私にです・・・。)

 

自宅サロンでは2000円でやっている私が、アルバイトで入ってるネイルサロンでは12000~15000円を頂いている・・・。

 

お店のコンセプトがブライダル専門店だったのでそれでよかったのです。

 

ですが、私がしたかったのは、以前の私のようにお金がなくても、思いっきりネイルを楽しみたい!というコンセプトで、以前の私のようにお金がない方に来てほしかったので、低料金にしたのですが、お店をやったことがなく、部屋も狭く、初めはいろいろ迷惑をかけちゃうだろう・・・ ということで2000円スタートだったのです。

 

その後、お客様が増えてくるにつれ、どのようにやればいいのかが分かってきたので、早速料金を上げる段階に入り、基本料金を上げました。

 

今現在、私のサロンでは、基本料金は決まっていますが、それ以外の事は、スタッフごとに料金が違います。だいたい7000~9000円になってます。

※さらにアクリルスカルプ エアー もメニューに入ったので、13000円程度いただくことも増えてきました

 

開業して軌道に乗ってから数カ月は、地元で一番お客様数が多かったにも関わらず、アクリルスカルプもエアーもメニューになかったんですから、繁盛店にするにはネイル技術だけが必要と言うわけではないのが良くわかる事実です。

 

以前のお客様単価は7000円前後だったのですが、今は8500円程度となってます。

 

基本料金 + 長さ出し + 厚み + 3D + アート + ストーン + カラー + 物販  となります。

 

元々の基本料金を直に上げるのであれば、ハッキリ言えば大丈夫ですし、全体的に少し上げたいのであれば、上記のように、ひとつずつの単価で上げるのがいいです。(もちろんお勧めする時に値段が上がったことは説明します)

 

お客様目線で、お客様が納得のいく理由があれば、あなたが思っているよりお客様は気にしていませんので、安心して伝えてください。

 

 

料金値上げ後のメニュー

下記が初めて料金の値上げをした時のメニュー表です。

料金を上げた後のメニュー

 

こんなメニュー表でいいの??という感じでしたが、出来る事自体がすくなかったので、コレで十分でしたし、ほとんど説明しますので、メニュー表を見る方が少なかったのも事実です。

 

ですが、資格をもっていて、多種多様な事を出来る方は、出来る事をちゃんと書いて、お客様に教えてあげることも大切です。

 

今は沢山のネイルサロンがあり、初めてご来店されるお客様は何が出来るのかを知りませんので、メニュー表や、毎回説明する言葉を決めておいて、ちゃんと伝える必要があります。

 

失敗談ですが、自宅サロンをはじめて半年たった頃、仲良しのお客様に、もっと爪が長く伸びないかなぁ・・・・と・・・。 冗談みたいな話ですが、メニューでも、説明でも長さだしの説明をしていなかったので、長さを出せることを知らなかったのです。

 

完全に私のミスで、お客様にサービスを提供できていなかったのですが、他店から当店に来るお客様のほとんどが、こんなこと出来るんだ!!と言われるので、どれだけ、お客様に伝わってないかが分かります。

 

自分を基準に考えちゃうと、ネイリストなのでネイルの事を詳しく知っていて当たり前なのですが、お客様は全く何も知らない!!と思って説明してあげることが必要なのです。