自分自身を売り込む大切さと名刺

日本人は自分を売り込むことが下手と言われてますが、お店を経営していく以上は、お客様にお店と、自分自身を売り込んでいく事が大切です。

 

HPでもブログでもそうですが、自分自身を売り込まずして、どうやってお客様にお店を理解してもらえるでしょうか? 実際、自分を載せるのは恥ずかしいですよね。私も同じですが、責任を持ってネイルサロンをしていく以上は、責任の所在をはっきりさせるためにも、オーナーが堂々と前に出ていないといけないと思います。

 

控えめな文化は私も好きですし、日本人らしいオクユカサも好きですが、こと、お店をしていく事に関してはアピールしていく事も仕事内容の1つになるのです。

 

自分自身を売り込むというのは、お店のコンセプトを売り込むのに似てますが、お店はこんな目標ではじめて、私はこんな人ですよ~ と理解してファンになってもらう為であり、お客様に安心して楽しんでいただける様にする為にあるのです。

 

 

お客様が違うお店に行っちゃう理由 と いかなくなる理由

 

ココで問題です  お客様がなぜお店を変えるのか知ってますか??

(初めの方のレッスンでも出てますが、再度質問します)


その理由の 第1位は・・・  『なんとなく』 なんです。


お店側は真剣にやってるのに、なんとなくって・・・・・って思えますが、それが現実なので、それを防ぐ方法を考える必要があり、なぜあなたのお店に来るといいのか?その理由をお客様の頭の中で理解してもらう、来る理由を植えつける、感じてもらうという事です。

 

大抵のお客様は、なんとなく今のお店に行っているのですが、そうではなく、〇〇だから貴方のお店に行っている!!という理由をつくるのです。

 

私の常連客だと、””こんなデザインして、なんでも言った事聞いてくれて、なのにこのお値段だから”” が初めの頃、お客様に言われていたことであり、その理由があったのでずっと来てくれてたという事です。

 

今では、ナナチャンのお店だから!や、気に入ってるお店だから!と言ってもらえてます。
※お客様自身が〇〇だからいい!!と思うとその後は自然と自分自身の理由をそれぞれ見つけてくれます。

 

ここでも、いかにコンセプトをお客様に伝えているかが発揮され、それさえしっかり伝わっていれば、なんとなくお店を変えることはなくなります。

 

多くのお客様は理由付けを欲しがっているのです(心理的に)

 

その理由を付けてあげていない人がほとんどで、お客様に任せっきりなのが現状ですので、その理由付けをしてあげる必要があり、あなた個人の事を知ってもらって、自分自身を売り込む事が理由づけになるのです。

 

これはオーナー兼店長兼ネイリストの貴方が断然有利に出来る事なのです。

 

 

ちょっと一服 サロンの裏話

お客様に、お店の考え方や自分を売り込んだりするのは大切な事なのですが、
新人のネイリストを売り込むことも、店長として延髄にやって行くためには大切な仕事です。

 

以前・・・ 新人のサロン仲間を売り込もうと思った時に、
私や、お店を、先に売り込んじゃうと、新人ちゃんが売り込みにくくなるかな? と思った時がありまして、
私の”お人よし” も手伝い、新人のサロン仲間だけを売り込んでいた時期がありました。

言い訳としては、すごくやる気がある子だったので、手伝ってあげたかった・・・ という・・ね。

思った通り、私やお店が主体にならない事で、新人にも関わらず、すぐにお客様とも打ち解ける事が出来て
※お店や私を売り込まない事で、お客様が頼るのが新人ネイリストだけになるので、打ち解けたり、信用されるのが早かった。
※お店や私自身を売り込むと、当然、お店や私が主体となるので、
新人サロン仲間を売り込む(信用して頼ってくれるようになるのに)のに時間がかかる
新人を売り込む時は、この方法でいって、その後、お店や私自身を・・・ と思ったのですが・・。

この新人のサロン仲間が、ルール違反の、急遽独立 と Σ(゚д゚lll)

たった数カ月の期間でしたが、私自身(店長)が、進んで積極的に新人をお客様に売り込んできたので、
リピーター様は結構な数、50人近くいまして・・・・。
私『○○ちゃんは、○○○で頑張り屋さんで、今一番のお勧めのスタッフなんですよ~』 等々 (-_-;)

当然、お店や、私自身を売り込まずに、あえて新人を売り込んでいたので、その50人近くのお客様と
私やお店の関係性はつくてない、あえて作ってない状態 ( ノД`)

あっという間に独立するという新人サロン仲間に連れていかれちゃいまして (-_-;)

これまでは、お店も、私自身も売り込んでいたので、勝手に独立する子の場合でも、70~50%
のお客様が残ったりが普通だったのですが、この時は、ほぼ連れていかれちゃうという・・・(´;ω;`)
※勝手に独立する子で、いろいろ小細工する子で、60~70%ぐらいのお客様を連れていく感じで、
もともと小遣い稼ぎのつもりで、独立するようないい加減な子だと30%とかです。

しかも、これはルール違反で独立していった子には言ってませんが、※驚くふりをするのも大変ですが・・
今までルール違反して、急遽独立していった子達、100%が、事前(早い場合は数カ月前)に、
お客様からメールや電話などで教えてもらっていまして、私は独立するのを知っている状態だったのですが、
今回はお客様との関係性が気づけてなかったので、教えてもらえず・・・ ( ノД`)

結果、人間性がそういった子なので、1年ももたずに、ブログを辞め、(独立してスグにブログを作ってた)
小遣い稼ぎ程度でやってるかと思ったら、会社に勤め始め、趣味程度になっちゃったんだと思いますが・・。
※この時についていったお客様が後々戻ってきた時に教えてもらったのですが・・。

私のように ”お人よし” になりすぎて、信じちゃうと、
お店にも、一生懸命お店を大きくしようと働いてくれているサロン仲間にも、お客様にも
多大な迷惑がかかるので、店長としてするべき事、自分を売り込むことはちゃんとしないといけないですね

 

 

自分を売り込め、お客様との距離がグーと近くなる方法

 

あなた自身を売り込み、お客様の心をガッチリ掴む方法・・・・・・・

それは・・・ 自分をさらけ出す事です。 (だらしない部分を見せるのではないです)

 

もちろん自分のいい加減なトコロ、適当なトコロを出す!!と言うわけではなく、自分の考えを話したり、お店をどうして行きたいかを施術の合間に少しずつ話していく。

 

語るのはNGです。(お客様から聴かれたときはいいですが、基本ウザがられますので語らない)

 

2~3回リピートしてくれるうちに少しづつ、自分の考え、今までに失敗したこと、悲しかったことを話すと、お客様との距離が グー っと縮まります。

 

成功した話なんかいりません(自慢しても嫌われるだけです)

 

 

これも前の方のレッスンに書いてますが、逆にしてはいけない事があります。それが、聞いているようで聴いてない事で、お客様はバカじゃないのでスグに気付きます。

 

ちゃんとうなづいたり、相槌を打ってしっかり聞いてあげる事、そして時には “オウム返し” をして聞いているよ!!と安心させてあげる事で、あなたの少しの話もしっかり聞いてくれます!

 

少しずつ少しずつ、自分を売り込むことで、 ”あなたのお店だから行くの” となります。

 

なかなか出来る様になる子は少ないですが、コレをしっかりできる様になったスタッフは、独立する時にしっかりお客様をつれていくことからもよくわかります。

 

ネイルサロンで自分自身を売り込むのにいいアイテム 名刺

私の名刺ですが、裏表印刷で、2つ折にして渡してます。

 

ネイルサロンで自分を売り込む・名刺

 

もちろん、ブログ、HP、お店のコンセプトをしっかり書いてスグに連絡がとれるようにして、新規のお客様のみに渡しているのですが、初めてご来店された方は100%みてくださるので、コンセプトを浸透させたり、お店の理由付け、さらには私自身を知っていただくのにすごく重宝してます。

 

今現在はリピーター様ばかりなのでほとんど渡す時はないのですが、紹介して頂いた時や、新しいスタッフはお客様に渡しております。(名刺の内容を変えた時はリピーター様にも配ります)

 

ですが、ただ渡すだけでは全く意味がありません。

渡しておきながら、口でもいう事が大切です!(←コレをしないと意味がない)

 

口で言う為にこの名刺を渡している様なものですので、必ず口頭で説明していくのですが、名刺に書く内容は、経験に合わせてドンドン変化させていき、開業時、3ヵ月で少し慣れた時、半年、1年と、自分の気持ちはもちろん、出来る様になったこと、やっていることが変わるたびに書き直して、新規はもちろんリピーター様にも配る事で、進化や変化に気付いてもらえますし、楽しんでいただけます。

※今気付いたんですが、漢字の間違いが・・  創造ではなく想像ですね

 

 

名刺の右上に番号を書いておいたりして、新規様に入った人数を測っている方もいますが、大変いい方法だと思いますし、内容を変えたら、リピーター様にも渡して、お話のネタにするのも効果ありです。

 

番号があると、出会ったお客様の1004番目ですね!!なんてお話もできますし、配った枚数もわかりやすいですね。

 

例えばですが、A0105 であれば、A(初めての名刺)の105人目ですし、C0253 であればC(3回目に作った名刺)の253人目といった具合に、名刺の右上にかいていくといいです。

 

 

自分を売り込むことでスタッフも売り込む=お店が売り込まれる

 

スタッフ自身にも自分を売らせることは大切なのですが、やはり基本はオーナー & 店長 & ネイリストの自分自身を売っていくことが大切なので、一言挨拶に付け加え、年末年始の挨拶や、年賀状などはお店 & 自分からを兼ねて出すといいです。

 

もちろんスタッフとの集合写真や、お店の中の写真、今年の目標や、新しく考えている事など、行くのが楽しみになる内容がいいです。※メリットを忘れずにこれは自宅サロンのスタッフ4人(私入れて)の時なのですが、お客様数がお客様数なので、年賀状を送る&コピーするものお金がかかりますが代表として挨拶する事で、お店の中での統制がとれます。

 

 

もし、お店として、店長として、特に何もやってない場合、スタッフと同じ事しかしていないことになるので、スタッフが離れていってしまいやすくなります。(独立)

 

理由は簡単。

 

オーナー&店長&ネイリスト のあなたが、スタッフと同じ事しかしてなければ、スタッフも、簡単にできる!と思うのは当たり前で、バリバリにやる気のある子は、ドンドン数字と言う絶対の部分でも頭角を出してきますので、それでいてオーナーや店長が特に何もしてないのであれば、当然そうなりますよね。

 

しかし現実に経営となるとほとんどみんな自宅サロンで1人で終わってしまっていますが・・・。

 

このサイトに書いてある内容を知らないので、お店に言われたことと、ネイルだけしてればうまくいくと思っている子が多いからです。

 

なので、お客様から、誰がオーナー&店長かを自然と分かってもらう必要があり、その為にも、オーナー&店長の席はいつでも全員に挨拶できる、入り口がいいのです。

 

一番入り口の席に、店長の机を置き、お客様がご来店されたときも、お帰りになるときも、入り口で一言挨拶をする事(施術してるなら、席に座ったままでも)、軽く会話をする事でスタッフもお客様に入りやすくなる & お客様には店長として覚えてもらえ、そうする事で、スタッフが施術しても、ネイルサロン〇〇のスタッフ〇〇ちゃんとなります。

 

よくあるパターンですが、美容院等で、 ””〇〇ちゃん!”” とだけ、お店が抜けて覚えられていると、その本人が独立する時に、お客様をそのまま引っ張っていってしまいます。

 

独立を応援したい、また、応援できる場合はいいですが、自宅サロンのやりはじめや、店舗に出たばかりの時は、大変痛い思いをするので、それを防ぎつつ、なおかつ1人1人のスタッフが自分自身を売っていけるようにすることが大切です。(勝手に独立する子に限って、独立する気はないと言いますので・・・。)

 

急に独立されたりすると、お店の経営が安定せず、今いるスタッフにも迷惑がかかり、お客様にも迷惑がかかります。それくらい1人のスタッフに自分勝手な事をされると迷惑なので、ちゃんとルールを守って独立する子以外は、簡単に出来ないような工夫も大切ですね。

 

 

経営は綺麗ごとだけではやっていけません。

 

自分のお店なので、自分自身に全ての責任がある事を理解し、常にオーナーや店長が前面にでて、お店や自分自身を売っていき、 『私が責任者であり、私の考えたコンセプトが○○であり、こんなことをやってます』 と自分からアピールしていく行動と、覚悟が必要です。