開業3ヵ月でリピーターが多く
開業6カ月で常連様が多いネイルサロンになる為に

レッスン4で、新規様の集客方法を書いているのですが、実は、ネイルサロンに1番必要で大切なのは新規様ではなく常連様です。

 

じゃ、なんで初めの方のレッスンで新規様の集客を教えたのか? となってきますが、経営上、開業したての時は当然、新規様が1番大切で、1番必要です。新規様がいないと何も始まらないので、何よりも必要なのは新規様です。

 

ですが、ネイルサロンを継続していく上では・・・・

新規様を集客で集めれるようになったら、1番大切なものが変わり、それが常連様になってくるのです。

 

で、その常連様になってもらう為に通る道が リピーター様 なのです。

 

先ほどのページでお話した通り、リピーター様はお電話で次回予約をとられる方や、次回予約をしてく方でも通われてから3~6カ月以内の方の事を言ってます。(当店での位置づけです)

 

 

常連様は、次回予約をとっていかれる方で、6カ月以上通ってくださっている方になります。

 

例えばの話なので、矛盾しますが、開業当初に3人の常連様がいたら(開業当初なのでいるはずがないのですが)、その後、広告や集客での新規様が0人で全く来なくても、その3人の常連様だけで、数カ月後には予約表をいっぱいに出来ます。

 

わかりますか? 3人の常連様がいれば、サロンの予約表は3枠しか埋まりませんが、数カ月後には、予約枠をポンポンにできます。私の場合だと、月110枠ありますが、その110枠が、3人の常連様で埋まるという事です。

 

これは後のレッスンで説明する ”紹介” の技術を使うのですが、その紹介の技術を使う前に必要なのが、常連様であり、その常連様の前に必要なのが、リピーター様であり、そのリピーター様の前に必要なのが

次回予約であり、その次回予約に必要になってくるのが、サロンの施術の会話・・・になるのですが、これは先ほどのページで説明してますので、このレッスンでは、次回予約のとりかたの説明をしていきます。

 

 

次のページでは、実際の ””次回予約のとりかた”” ””リピーター様を増やす方法”” 書いてますが、施術中にする事がほとんどだったりしまして、言葉では伝えにくいこともあります。

 

ですので、先ほどの施術中の会話などでもお伝えしましたが、もう1つのHP、 ネイルスクールでの ”お客様の施術方法” のページで、実際の施術と同時に次回予約のとり方も説明してますので、同時にみていただけると、スグに実際の施術で使っていけ、次回予約をとれるようになります。(※実際、真似するだけでも次回予約がとれますが、理解した方がいいです。)

 

 

経営していく上では新規様よりリピータ様&常連様が大切です

ネイルサロンをやっていく上で新規のお客様とリピータ様の集客では、どちらが大切かは先ほど言った通り状況によってかわりますが、最終的には常連様です。


今現在、なかなかお客様がついていないサロン様は、大声で『新規!!』と言っているとおもいますし、ネイルサロンをやり始めたばかりの方も『新規!!』と言っていると思います。


私はまだネイル自体を知って3年しかたってませんが※今は10年です(その3年は朝から夜、休日までネイル漬け)、声を大にして言えることが、100%常連様が超大切!!と言う事です。

 

 

ネイルサロンで大切な事は新規様とリピーター様、常連様ですが、一般的には新規が欲しい と言う方が多いです。相談がくる方でも新規様についてがおおいです。

 

あーそうだよね という声も聞こえてきそうですが、貴方のお店、自宅サロン、店舗サロンでは新規様に限り○○%オフ!!や、初回限定○○円引き!!等としてませんか?


当店では、リピーターになればなるほどサービス(料金的なおまけも)がついてくるようにしていて、新規を集めるための○○%OFF等は1度もした事がありません。これは0からはじめた自宅サロン当時からです。

 

理由がありまして、私がお客様だったとき(今現在でも美容室ではお客様ですが・・・)思っていたのが、何年も通っている私はいつも正規の料金で(ポイントカード除く)で、隣で始めてきた人が○○%OFFって・・・・・嫌だなぁ・・・と思ったからです。


私は頭がよくないかもしれませんが、おかしいかどうかはわかります

 

ですので、当店ではリピーター様にはストーン・3Dのサービスをしても、新規のお客様にはサービス無しということにしてます。

 

理由は簡単、サロンでは新規よりリピーター&常連様の方が断然大切なので、行動に出して大切にしているのです。しかし新規様も未来のリピーター様であり、常連様でもあります。

 
前ページでも述べてますし、後程も説明しますが常連様様を大切にするサロンは、新規お客様に困りません

 

ですので、何よりも常連様を作り、大切にしてください。

 

ほんの少しのサービスや、ほんの少しの優待でもいいので、行動に起こしてください。例えば、こちらから好きな飲み物の提案と、つまむお菓子もちょっとサービスなどの、細かいところまで気をつける必要があるという事です。(たかがお菓子や飲み物ですが、常連様の好みを知って出すのとなんとなく出すのとでは会話も違ってきます。)

 

紹介の多いお客様だと、1年で1人で20人を紹介してくれるとか普通にあるんです。

 

そして、紹介でご来店されたお客様は、それ以上に紹介がおおいのですが、その理由や、実際の方法は、紹介ページで詳しく書いてますので、みてください。

 

 

ちょっと一服 サロンの裏話

サロンをやり始めた当初、毎月次の月の予約をとってくれる常連様も、
やりたい時に電話でご予約をとって行かれるリピーター様も同じ扱いをしていました。
(どっちも1ヵ月で見るとご来店1回なので・・・ という単純な理由です)

ですがある月の前半2週間が、週の初めに予定していた通りに100%進む事があり、
すごいな・・ と。

予約表を見ると、前半2週間は、ほとんどが常連様で埋まっていて、
しかも、次回ご予約をとられて帰って行かれてから、つまり、1ヵ月前から全く何も変更なしだったのです。

と言う事は、少なくてもこの2週間に関しては、私は全く何も手を加えてない状態で!

その時に、
『もし常連様で全部の枠を埋めれてたら、1ヵ月先までほぼ予定通りにすべての枠がいくんじゃないか?』
と思いました。(※当時は1ヵ月先のご予約までしかとってなかったので)

リピーター様でも、お仕事上仕方がない、社長業や、士業、医療関係は別として、
自分の都合で電話をかけてくる方を常連様に変えれれば・・・・・ 可能ですよね。

で、そうするためにいろいろ工夫して・・・・
結果ですが、今現在、3カ月先まで、ほぼすべての枠が埋まっている状態になる事が出来ました。
しかも、実際、今日から3ヵ月後まで、変更はほとんどない状態です。(※急な事故や病気を除いて)

これ、実際にやってみると、かなり気が楽で、施術に集中できますし、経営も安定します。

なので、今の私のお客様は常連様85~90人、お仕事上しょうがないリピーター様10~15人
( ”~” があるのは、月によって変動するので)
という感じになっており、月初めに、予約表をみてから、ほとんど変更なしで1ヵ月が終わり、
ほぼ、朝から夜までの5枠、毎日、毎日、予定通りに進んでいる状態です。

これは常連様ばかりにできたからできてる事であり、リピーター様が多いと出来ない事なんですよね。

なので、私の場合は、常連様ばっかりにしたい!! と思ったので、常連様をなによりも優先してきました。
よくある口だけの優先ではなく、行動でも、時間枠でも、料金でも、常連様が100%優先です。

そうやって、常連様とその他で差を付ける事で、さらに常連様が増えるという循環が作られて行きます。

 

常連様とリピーター様にはドンドン特別扱いを

””もちろん新規のお客様がいないとムリ”” と思われるかもしれませんが、常連様がお客様を紹介してくれますので、広告費もかからず、はじめからサロンを信頼してくれる方を紹介してくれるのです。


今現在、私のサロンは田舎なので数値は微妙ですが、(都会だったらこれの数倍あると思います)地元雑誌より、紹介のほうか10~20人多いです。

 

どれだけリピーター様、常連様が大切かわかりますよね。


それにリピーター様がサロンを育ててくれたのですから、初回オフ無料等の新規様優待をやっている場合ではなく、逆に常連様オフ無料をやるべきで、新規は通常料金を頂くべきです。


紹介がないので新規客ばかりを集めようとするのだと思いますが、当店がイロイロなところに集客をする理由は当店が大きくなれば、また有名になれば常連様が喜んでくれるからです。すべては常連様のおかげで成り立っているので、常連様には、料金も、サービスも、ドンドン特別扱いしましょう

 

遅刻やキャンセル・ドタキャンやブッチを防ぐ方法

遅刻やキャンセルをする方や、ドタキャン、ブッチをする方は・・・ だいたい特定の方です。

 

常連様ではほとんどいないですが、リピーター様におおいですが、これらをされると、常連様に非常に迷惑がかかります。

 

本当は常連様を優先したくても、リピーター様が先にご予約されている時等は、入れてあげる事が出来ませんので、枠をずらして予約を入れてもらったのに、そのリピーター様が遅刻したり、急なキャンセルをいれてくると、常連様が入れたかった予約の枠をずらした意味がなくなってしまい、結果常連様に不利益になりますよね。

 

私も、開業してちょっとの間は どうすればいいんだろう?? と非常に困惑してましたが、言い方次第でほとんど0にする事が出来る様になりました。

 

ほとんど0 ですが、急なお葬式や、お仕事の場合もありますので、急なキャンセルやドタキャン、ブッチは0にできますが、少し前のキャンセルについては、どうしても少しはでてきますね。

 

次のページで詳しく説明してますが、スタッフにも伝えてるのですが、この技術だけに関しては、なかなかできるスタッフと出来ないスタッフが分かれる状態でして、得て不得手があるようですが、必ずつけた方がいい技術ですので、理解して、実際にやってみてください。

 

 

 

 次回予約 リピーター をとる極意 

    施術中、施術後の次回予約のとりかた

 

 遅刻やキャンセルの対策・ドタキャン/ブッチを防ぐ方法 

    たちの悪いお客様をいいお客様に変える方法

 

 ネイルサロンで感動をあたえる  

    小さな気遣いと融通で、感動をあたえる