自宅ネイルサロンの集客の法則|チラシ・情報誌・看板の作り方と分析

初めは完全無料でできるインターネットでの集客からスタートしましたが、インターネット等の検索を使わないタイプの方も沢山いるので、次にそういった方を集客していくのも大切です。

 

集客は順番が大切で、さきにインターネット集客をしたのにもちゃんとした理由があります。

 

その理由の1つに、沢山の方に見られた時に、お客様の反応が多い言葉がわかるからです。

 

それが分かってない状態でチラシや情報誌を出しても、お客様からの問い合わせを増やすために試行錯誤して行く事になる為、そのお金の無駄を出来る限り減らすために、インターネットである程度の反応を見て、反応の良かったイメージや言葉をチラシや情報誌に使って行く事で、試行錯誤も少なく、結果を出せるからです。

 

インターネット集客とは違い、物理的に作っていくものになるので、多少お金もかかりますし。

 

私の開業当初のように、ほぼ自分でやって、印刷だけ頼む・・ というスタンスでいけば、かなり安く済みますが、人に頼らずに経営していく上ではどうしてもお金がかかってきます。

 

※私の考は、常に、広告費はトコトン落として集客するのがいい と思っています。その結果、今は広告費0円でお客様が増えていく循環が出来上がりましたが、それを実行するにはやはりいろいろな経験がいります。そのためにまずは集客でお客様を知り、その後、実際に経験を積んだ上で、0円でお客様が増えていくリピーターと紹介のレッスンページにいくのですがどんな事も経験がある上でしかできません。

 

 

次のページで ・チラシ ・情報誌 ・看板(ポスター) と1つずつ説明してますので、必要な順番で見ていってください。看板は別にして、チラシと、情報誌と、ポスター は経験を得る上で、絶対にやってみた方がいいと思いますよ。

 

 

ちょっと一服 サロンの裏話

自分でいろいろやってきて、今では初めてやる試みも好きな私ですが、以前は何からすればいいかもわからず、
無駄なことも多々やっていた私に、効率のいいやり方を教えてくれたのは、開業してから少しずつ読むようになった本達でした。

ある方が、何度もやり、試行錯誤した結果を、誰にでもわかりやすいように書いてある本。


”その人の経験の力をかりて、自分で咀嚼しながら、自分流に変えていく”

 

そして、自分で考え、自分でやったことで結果が出る楽しさ。 私はこうしたことで効果がでた!
そのやり方が書いてあるのを知る事が、”本を読む”という事だと思っています

 

なので、せっかく効果があるとわかっているものがあるのであれば、
自分で試行錯誤する前に、まず、考えてやってみて、上手くいかなかったら、そこから試行錯誤する。

そうすると、断然効率よく進めるんですよね。


ちなみにですが、知り合いに力を借りるのと大きく違うところが、
自分の力でやらないといけないのと、自分流に変えてやらないと応用出来ないところです。

何事も自分でやらないと、自分の能力も上がらないし、自分でやっていることになりませんよね。

何を話すにしても 『知り合いに聞いて 知り合いに頼んで』 と言う方も多いのですが、
私の知っている限りでは、本人は何も出来ないし、何の経験にもなってませんので、
実際の行動も、お店の内容も伴っていない状態が多いです (汗

 

さらに、次に何かをしようと思った時に、自分では何もできず、結局また知り合いに頼むという繰り返し (汗

これ、見方を変えれば、本人がやっているのではなく、
知り合いがやっていて、本人は店長ぐらいの役目しかしてないですよね

そうならないように、自分の能力をあげて、自分でなんでもできるようにしていく事が、
この先、自分で楽しく仕事をしていく上での最低条件だと思います。


 

毎日の確実な数字化の大切さ サロン集客

インターネットの集客での数値化はグーグルのサービスを使う事で完全自動化で楽でしたね。数値も確実で不確定要素がないので見て考えていくだけだったので。

 

ですが、今からしていく・チラシ・情報誌・看板(ポスター)の集客では、必要な数字を、自分自身でしっかり記録していかなければなりません。

 

わかりやすく説明すると、初めて配ったチラシが、はじめ300枚配って10人しか連絡がなったのが、数値化をして考えていくだけで、300枚配って20人になる違いが出てきます。たった10人じゃないですよ。

1ヵ月10人違ったら、1年で120人。

 

スタッフで言うと、2人の予約(1人月60人)がパンパンに埋まる状態です。(スタッフは週休2日、1日3人施術)

 

同じお金と時間、労力をかけて全く違った結果になってくるのは、数字化をしているか、していないかだけの違いになります。

現に私が1年で地元で1番お客様が多いサロンになれたのも、こういった少しずつの数字の積み重ねの結果であり、逆にほかのお店様は数字を見てなかったので・・・ 苦しい状況に追い込まれたと言えると思います。

 

 

この数値化の方法も・チラシ・情報詩・看板(ポスター)をご紹介した次にご紹介しておりますので、必ずみて実行してください。

集客は、3回見たらご来店の法則

集客の方法として、まずは無料でお客様の反応する言葉を確かめれるインターネット集客、次にこのページのインターネットでは集客できない層を集客する為の・チラシ・情報誌・看板 を使った集客といくのですが、

色々な種類の集客をしているのにも、当然意味があります。

 

それは、昔から言われている事で ””3回見たらご来店”” の法則があるからです。

 

心理学的なモノだと思いますが、私的には (ここから↓に関しては100%私が思うには・・・で書いてます)

1回見ただけではなんとなく 『ふーん』 で終わり、

2回見かけると ん? となり『まえもみたな・・』 で記憶になり

3回見かけると あ となり 『○○ネイルサロン』 と気になりだし

そして、自分でインターネット等で調べて・・・ となりやすいという訳です。

(ここまで↑が私の想像です)

 

実際にこういう心理になってるかはわかりませんが、特に開業当初は、実際当店にご来店されたお客様の多くが、ポスターを見て知って、チラシでまたみて、情報誌をみて電話をくれたお客様や、ポスターをみて、情報誌をみて、インターネットでみて、電話をくれる方が沢山いました。

 

中には、チラシで知って、ポスターをみて、看板をみて、情報誌を見て、インターネットで調べてから来られる方もいました。(いろんなところで見て、気になっとったんやて~ と嬉しそうに教えてくれました)

 

こんな感じで、何回か見た上でご連絡をくれた方が凄く多かったです。

 

多分ですが、新しいサロンで信用がない状態でも、何度もお店の名前をみると気になって自分から調べる行為にでて、さらに深く知ってくれるからじゃないかなぁ・・・ と思います。

 

これが地元ならではで出来る、チラシや情報誌や看板(ポスター)のいいトコロで、インターネットの日本中みられるものと違い、地元だからこそみられるチラシやポスター、情報誌を見て安心される方も多いのだと思います。

 

 

 

では早速順を追って進んでください。

 

 

チラシの作り方とネイルサロン集客方法         チラシの作り方と集客方法の紹介

 

情報誌の掲載方法と作り方|サロン集客方法       情報しの上手な載せ方と集客力UP方法

 

ネイルサロンの集客で看板の作り方とやり方・方法    看板を作って集客UP

 

同時にすることで集客が倍増する簡単な方法|ネイルサロン集客は数字  数字化でお客様が沢山増える

 

 

 

1つ私からの忠告というか、実体験を通してのお話ですが、1人で自宅サロンをやっている状態だと、インターネット集客だけでも十分お客様は増えてきますが、それに胡坐をかかず、必ずこのページのチラシや情報誌、看板(ポスター)等も初めの開業時にやってください。

 

理由ですが、今はインターネットだけでうまくいったとしても、今後、このページをみた、あなたと同じ地域の方もインターネット集客から始めます。そうすると、似たメリットやコンセプトを出してくる方がいた場合、お客様の取り合いになったり、いきなりあなたのHPやブログの検索順位が落ちてしまう事もあります。

(ある国の偽物ディズニーランドの様に、日本でもそういった方が非常に多いのが現状です。)

 

 

そういった時に、一気に上手くいかなくなる事になります。

(実際そういう方を何人も見てます。お店を辞めちゃった方、慌てて違う集客にお金をかけても上手くいかない方、

 一気にお客様が減って、小遣い稼ぎに逆戻りする方・・・ 店舗から自宅に戻る方・・・ といろいろいます)

 

そうなってから慌てて違う集客をしても、そんなに簡単に上手くいきません。あなたが胡坐をかいていたせいで、お客様の気持ち、心が見えなくなっているからです。

 

なので、はじめの開業当初で、インターネット集客して、数値化して、あなたの脳にいろいろな新鮮な情報があり、経験を肌で感じていて、お客様に対する情熱が高いうちに、他の集客ツールを作っておいた方が結果いいからです。(ズート使っていけるものですので)

 

 

ここまでで、開業当初に必要な集客は終わり、後は常に数字化して、常にお客様が増えるよう変えていく作業をしつつ、ご連絡いただいたお客様に対応していく事になります。

 

つまり、費用対効果を考えて、常に費用対効果が上向くように行動しつつ、同時に次に必要となってくる、広告をみてお電話を頂いた、お客様の電話対応の技術についてお話していきます。

 

 

『ただ電話に出るだけじゃん・・』 と思った方は考えを変えてください。

100件電話があって、予約を摂れる確率が、40%なのか、80%になるかの違いが出ます。

(今現在も雇ったばかりのスタッフでは予約をとれるのが40%ぐらいですが、少し教えただけで60%、70%、80%にはスグ上がります。それ以上の90%に行こうと思うと経験と知識等が必要になってきますが、必要な技術になります。)