インターネットでの集客方法 ネイルサロンに無料でお客様を集客

ここでは、ネイルサロンの無料集客方法として、インターネットを使った方法をお伝えするのですが、ここまでで、目標を決め、場所を決め、自宅かマンション・アパートか店舗か決め、コンセプトを決め、ネイル用品や小物を購入したので、いよいよネイルサロンを開業できるばかりの状態です。

 

あと足りないのは・・・ お客様だけです。

なので、次にする事は経営者としての ””集客”” です。

 

まずは、私の開業当時のように、お金がなかった方を想定して(お金があっても基本一緒ですが)、無料でお客様を集客する為の何年間もズート役に立つツールを初めに作ります。

(※今すぐお客様が欲しいという場合は、かなり激安の方法でインターネット集客する方法があります。そちらは、レッスン5のお金を使ったインターネットの集客で書いてます。)

 

 

理由が、一言で ”集客ツール” と言ってもいろいろな方法があり、その中でも、まずは知識さえ持てば、無料で今すぐに作れるインターネット系のブログとHPとSNSを使った集客方法が一番大切であり効果が出やすいからです。みよう見真似でもいいので、まずは読みながら作ってください。(まず書いてある事を最低限守って作ってもらい、後から体感して理解しつつ直していく方法で大丈夫です。)

 

 

ちょっと一服 サロンの裏話

当時はFBもインスタもなかったので、HPとブログに注力できたのですが、
今では、FB、ツイッター、ライン、インスタ、等々があり、
それぞれで用途を使い分けるなど大変になってきているかのように思えます。

が、逆に、お客様の入り口が大量に増えたので、注力さえすれば結果が出やすくなっているんですよね。

相談される方の中で多いのが、どれにも注力しずに、全体的に少しずつ触っている感じの方 (汗

そういう方の場合は、ライバル店が力を入れていないところに力を入れる事で、
一気にお客様の電話が増えるといったことも、昔に比べればやりやすくなっているのです

例えば インスタですが、画像に電話番号と店名を入れてアドレスを一言加えるだけで
HPやブログを見てもらえますし、FBでは、仲良くなった方がみてくれてご来店してくれることもあります。

そして、近くにライバルが5件あったとしても、ネットの集客の入り口だけでも5個以上あるので、
ライバルを見つつ、ライバルと違う入り口に注力し、違ったコンセプトで集客するだけで
かなり集客が楽に出来るようになってきてます。

また、若い世代では、昔ながらの集客をしない方も増えてきているので、
昔ながらの集客をするだけでも優位に立てる事もよくありますので、やってみるべきです。

なので、いろいろありすぎて、自分が何からすればいいかわからない場合は、
まずは基本のブログだけはやって、あとは、ライバル店が力を入れてない部分に注力していく。

でも、注力していない入り口になりそうなものも、とりあえずは作っておく・・ 
という感じから始めると、いいですよ。

 

 

時代にあった集客と、昔ながらの集客を分ける

このレッスンでは ブログ と HP と SNS のネイルサロンの無料集客のやり方を伝えるのですが、この3種類とも無料でできるのはインターネットだからです。(本当にいい時代になりましたね。)

 

無料で、しかも今の時代にあった集客を外すことはできませんので、まずは作ってしまい、内容を完ぺきにしつつ、先ほど作ったコンセプトやHPやブログ作成の時に考えた文、ストーリー等を、昔ながらの集客の、チラシ や ポスター や 地元情報詩 や 県情報詩 や 看板 等の、多少お金がかかるものを作っていくときに兼用していくと効率よく集客をしていけます。(順次作り方を説明してます)

 

この今の時代のインターネットでの無料集客 と 昔ながらの有料(少しでもお金がかかる)集客では、大きな違いがあり、どちらとも大切になってきます。

 

大きな違いとは、”””検索する人の集客””” と ”””検索しない人の集客””” に分けた言い方です。

 

基本は地元密着のネイルサロンなので(他県から来られる方も多いですが、圧倒的に地元の方が多いので)、年代関係なく、検索をする方にはインターネットでの集客方法で集めますし、検索を使わない方には、昔ながらの集客方法で集めます。どちらか片方だけに頼ると、あとあと痛い目に合いますので、バランスよく使い分けて行く事が大切になってきます。

 

今の時代に合った集客のインターネットですが、使い始めた世代は比較的若いです。今でこそ60代、70代の方もつかっている方もみえますが、まだまだその世代は使ってない方も多いですよね。

50代、40代ともなると、当たり前に検索して使用しますが、まだ子供から社会人になったばかりの頃に当たり前だった、紙を信用する方も多いです。もっと若い30代20代となると、インターネットが当たり前で、ネット上での口コミも含めて検索して選ぶことが多いです。(また、今後時代で変わってくると思いますが・・・)

 

 

なので、今の時代の集客と昔ながらの集客は分けて考える必要があるのですが、昔ながらの集客の場合、チラシやポスター、地元情報誌、看板 等には、当然HPやブログも載せるので、結局、ご来店いただく最後はインターネットで内容を詳しく見てもらって・・ となる場合が多いので、このインターネットでの集客のブログ、HP、SNSは非常に大切な入り口になるというわけです。

 

 

例えばですが、地元情報誌を見て気になったお客様がブログやHPをみて 『あっ、よさそう』 と思い、スマートホンを取り出し、みて、『行ってみよう』 と思うのか、『あ・・ なんか違うな・・』 と思うのかはブログやHPの内容、コンセプトによって変わっちゃいます。

(もちろん紙の媒体だけを見てご来店される方も沢山いますが)

 

 

つまり時代の流れで、入り口は昔ながらの方法から今の時代の方法までありますが、最終的には今の時代の方法を使う方が多いのを忘れずに、しっかりブログやHPやSNSを作りこんでいきます。

パソコン用 と スマートフォン向け用の違いを知る

先ほどいった、 ””今の時代の集客”” ですが、今までは インターネット のひとくくりでよかったのですが、2017年時点で、グーグルが発表しているように、スマートフォン向け用と、デスクトップ向け用のサイトで、検索順位を分ける と言われています。

 

という事は、集客の道がまた広がる(細分化される)事になりますので、ブログとSNSの場合は、デスクトップでもスマートフォンでも表示される仕様なのでいいのですが、HPに限っては、デスクトップ用とスマートホン用が必要になってきます。(画面大きさの違いで情報を載せる量や、見やすさが全然変わってくるので)

 

なので、今から作るのであれば、まずはスマートホン向けのHPの方が文も内容も少なくてすむので、

そちらを先に作ってから、デスクトップ用のHPを作っていくのがいいです。

 

また、お店の検索などに限っては、スマートホンから見てる方が圧倒的に多いのも、スマートホン用のHPを進める理由です。

 

 

 

 

では早速順を追って説明しますので、1つずつ実行していってください。

 

 

検索で上位表示する為に タイトル、キーワードで順位を上げるSEO対策 初めに読む

 

集客の為のネイルサロンブログの作り方  ブログ内容の書き方と作り方

 

ネイルサロンHPの作成と集客      パソコン用 と スマートフォン向け用

 

そのほかのSNSの使い方        FB・インスタ・ツイッター・LINE

 

 

 

 

また、このインターネットでの集客に関しては、今後もドンドン変わっていくので、その時その時のお客様の動向をしっかり見ておくことが大切です。新しい事が出てき次第、ブログに記載していきます。

 

 

でないと、いつの間にか浦島太郎状態になっちゃうことも当たり前な時代になってるので・・・。