ネイルサロンの新規様&常連様施術&接客動画

自宅ネイルサロン独立に必要なネイル用品と小物

 

開業する準備の中で一番楽しい ネイル用品、アイテムをそろえる段階。

 

ネイル用品に関しては、使い慣れたもので、使い勝手がいいものをベースに使うのがお勧めです。

開業を経験した後に思う、ネイルサロンに必要な開業道具はレッスン18のコチラで

(開業に気合を入れすぎて、使い慣れてない、””使いたいもの”” を揃える方がいますが、失敗の元です。)

 

メーカーによっては、他のメーカーのジェルと相性が悪いものもありますし、いろいろなメーカーと相性の

いいジェルもありますが、わからないうちは、使い慣れたものを使っていきお客様の用途や、ニーズに

合わせて少しずつ使う種類を増やしていくのが一番いい方法だと思います。

 

 

ちょっと一服 サロンの裏話

今回は、私の実話は役に立たないかもですが、自宅サロンを始めた頃、コンセプトをしっかり作り込んだ上で

ネイル用品を出来る限りそろえたのが、ジェルのセット(カラー3色)は姉の使い古しと、マニキュアのみでした。

お客様からいただいた料金で次のネイル用品、次のネイル用品と少しずつ増やして行って今に至りますので

初めはネイル用品が極端に少なかったです。(今思うと本当にネイルサロンなのか?と思えますが・・)

 

ですが、コンセプトにそれも含めて作ってましたし、それなりの方法で集客をしていたので、

ネイル用品の少なさに関してクレームが出た事はありません。(逆に、大部揃ってからでた事はありますが)

なので、開業時に、種類が豊富とかこんなものまでそろえている!!というのはあくまで自己満足であって

コンセプトをみてくるお客様にとっては全くメリットのない事になります。

(極論、お客様は、自分がして欲しい色があればその色だけでいいので)

 

なので、色がいっぱいあるや、ネイルアイテムがいっぱいある と言いたいのはわかりますが、

開業当初に揃えれない場合は、カラーに関しては自分の調色で無限に作れますし、

ネイル用品やアイテムに至っても工夫次第でどんな風にでもできますので、

モノに頼らず、技術でカバーしていく方向でも十分大丈夫なので、

種類の量とかメーカーにこだわるのはやめた方がいいです。

 

 

なので、はじめは最低限のネイル用品でいいです。

 

最低限とは、あなたが目標としているサロンに必要なネイル用品だけで、余分なモノや、

あったらいいものは実際にお客様に施術していって、本当に必要と思った時に購入という形の方が、

結果的にお客様のメリットになります。(いる時になってからでは遅いので、必要になる前の必要と思った時です。)

 

一気にいろいろな用品を揃えたことで、施術料金が上がるのであれば、お客様にとってはいい迷惑だし、

本当にいいものはネイリストではなく、毎回施術されているお客様が自然と選んでくれます

 

前やったデザインの、○○のカラーの発色が気に入った や 前回のトップジェルは傷が入りにくくて、

ずっときれいだった や 今回の剥がれにくくていいね 等の声は嫌というほど聞くことになるので、

開業当初は自分の使いやすいモノをベースに使い、最終的には、目の前のお客様の声を中心に揃えていくのが一番ベストです。(お客様の反応を見ながらいろいろな用品を使っていき、満足度が高いものを選んでいく方法です。)

 

 

またネイル用品を購入する際は、1カ所で全部をそろえる事をしないで、同じものであれば、安いお店から

購入していった方がいいです。長くやっていくと、それぞれのお店から○○%オフの提案がありますので、

1カ所でのまとめ買いでの%オフで購入するより、強みがあるそれぞれのお店の○%オフの方が断然安く

購入できるので、お得意先を作っておくといいです。

 

ちょっと一服 サロンの裏話

数年前、ネイリストならだれもが購入しているネイル用品のお店様から連絡があり、

『一括購入してくれるなら毎回○○%オフに出来るのですが・・』と提案があったのですが、

いろいろな種類のジェルも購入しているし、アイテムに強いお店様の常連になっているため

一度計算してみたら、圧倒的にバラバラで購入するほうが安かったので、後日一括購入を断りました。

 

その後も何度か提案をしていただいたのですが、一括購入をすると、新しいものを探す癖がなくなっちゃうのと、

ネイル用品やアイテム自体に縛りが出来ちゃうので(全てのモノを置いてあるメーカーはないので)

やはり常に少しでも安く購入できるお店から購入した方がお得なります。

 

また、計算した結果 『○○%オフにしていただけるなら・・・』と言ってみたトコロ、

私の言った○○%オフにしようと思ったら、月に○○○万円代の仕入れが必要だといわれ・・・。

結局今のように、安いお店を探しては購入しております。

 

モノを購入する時は、物自体はどこで買っても中身が同じなので・・・ そうなると・・やっぱり料金ですね。

 

 

 

ネイルサロン開業時に必要なもの

 

ネイル用品に関しては、ネイルをされているあなたが使いやすいのが一番なのでコンセプトに沿っている限りは問題ないのですが、それ以外にも開業する時にはいろいろ揃えなければいけません

 

お店の雰囲気は大切なので、コンセプトに合わせていく形で揃えていくのですが、ネイルサロンをやっていくと、やっぱりこっちの方にすればよかった・・・ や、こっちにこんないい感じのがあった・・ という事はよくあるので、一番初めにそろえるのは、安いもので揃えた方がいいです。

 

で、数カ月やってみて、それから必要なモノをドンドン揃えていく、買いなおしていくのがお勧めです。

 

以前高級な椅子を購入したことがあるのですが・・・、かなり使い勝手が悪く、結局買いなおしたりも

ありましたので、まずは安くて、コンセプトに合ったものを購入しておいて、使ってみてからやっぱり・・・と思うのであれば、高いものを購入していくのがいいかな・・ と。

 

ちょっと一服 サロンの裏話

開業し始めの父の部屋でやっていたときはパイプ椅子とパイプ机で施術してました。
実際、新品で購入しても5000円もあれば買えちゃいます。
イロイロなサイトで空間が大切等と言われてますし、現に私もそうだと思います。
しかし、結果お客様の満足できるものになっていないと父の仕事場の片隅でやっている

私のようなサロンにでもお客様は喜んで移動しちゃうって事なんですよね。
そして2畳の父の仕事場のかたすみサロンでも紹介があり、リピーターも来てくれてました。

(まだまだ少人数でしたが・・)
ですので、空間がいい事に越した事はありませんが、喜ばれる施術と接客と心持があれば
空間は2の次という事実があるので、お金が厳しい方は無理をする必要がないです。
もちろん私の地元にも、大手ネイルサロン、ネイルサロンの店舗様、沢山いましたが、
それでも2畳の父の仕事場の片隅サロンでも大変お客様が喜んでくれていた現実がありますので、

お金がなく、あまり空間にこだわれない方でもアイデアとやり方次第では必ず出来ます。

出来るかできないかは貴方のやり方次第なのです。

 

 

 

せっかくなので開業時はいいものを揃えたい気持ちになりますが、結局はあなたにとっていいモノよりも、

お客様にとっていいものが一番ですので、お客様の意見を聞きながらそろえていく為にも、

はじめはそこまで高くないもので揃えていくのがベストかな・・ と思います。

(今は、安くてもいいものが沢山あるので、見た目では値段がわからないので、なおさらですね)