ネイルサロンの新規様&常連様施術&接客動画

インターネットでの集客の数値を使っての解析

 

レッスン4の通りに作ったのであれば、内部SEO、外部SEOともとりあえずはできてますので

継続することで順位は上がってきます

(ブログやHPをつくったばかりの方はグーグルに認識されたり、ページ数が少ない事もあるので、3週間は出来る限り更新しつつ、 内容を練って目的のキーワードで検索結果にでてくるのを待ってください)

 

そこで、次に、お客様がどうやって、あなたのサイトを知ったのかを知っておくと、

更にいろいろと手を打つことが出来ますので数値化のサービスを使います

 

独自ドメインで作られた方やHP作成サイトを使ってHPを作った方は

Google解析ツール グーグルアナリティクスを使っていきます。
http://www.google.com/intl/ja/analytics/

 

今回は独自ドメインを使用している場合のグーグルアナリティクスで説明します。

(FC2の標準ツールの忍者ツールでも考え方は全く一緒ですがグーグルアナリティクスがお勧めです。)

 

設定の仕方はグーグルアナリティクスに書いてある通り、

<head>の直後に発行されたタグを入れるだけですので、HPを自身で作った方なら簡単ですね。

 

まずは、グーグルにログインして、アナリティクス登録をします。

すると手順が書いてありますので、手順にそってコードを自分のHPやブログに貼り付けるだけです。

 

たったこれだけで、貼り付けてスグから数値を測定してくれます

 

数日、数週間待つと、グーグルアナリティクスを貼り付けてからの数値化したデータが見る事が出来ます。

ビックリするくらい簡単ですが、それだけの事で、膨大の量のデータを集めてくれるんですね。

 

ここで、あなたのHPをみにきてくれたお客様は、ブログから来たのか、googleの検索から来たのか

Yahooの検索から来たのか、または相互リンク先から来たのか SNSからきたのか? 

そして、同じ県の人なのか、他県の人なのか、初めてHPを見た人なのか、何度も当店のHPを見ている

人なのか、何分みてくれたのか、どのページを見てくれたのか、どのページであなたのサイトを離れたのか

・・・ ここまでわかっちゃうのは怖い気もしますが、もっと詳細にわかります

(同じ県の方は将来のお客様ですね。)

 

これがインターネット集客の数値化です

 

数値化(グーグルアナリティクスの設定 や 忍者ツール)がわかったら、

次は、その数値の何をどうやってみて、どのように考えるか・・・という事が大切になってきます。

 

 

サロン集客の時は、どの数値を気にすればいいのか?

 

インターネット集客の数値化でどの数値を気にすればいいのか!? ですが、あなたの今いる段階によって、大切さの順番がが違います(HPを見に来てくれた全体の数字も大切で、通常、これは検索順位と比例してきます。)

 

 

開業当初は、”””お客様に検索された時のキーワード”” が大切です。(つまりオーガニック検索)

理由は単純で、今のお客様の調べている傾向を知れるからです。

 

お客様がパソコンやスマートフォンで、キーワードを打ち込む

それが、どんなキーワードだったのか? どのように検索されたのか?? ということです。

 

私の場合だと、

『大垣 安い』 50件  『大垣 ネイル』20件   『ネイル 大垣』15件  の様に出ます。

 

これで、お客様がどんな調べ方(キーワード)で当店のHPを見てくれたかがわかりますし、

しかも、何分見ていったかまでわかりますので、お客様が何に興味があるのかまでわかります。

 

これを知る事で、ブログで今後、どんなタイトルで記事を上げればお客様の役に立つのか

結果、お客様が調べた時に自分のブログが上位に表示され、みてもらえるのかがわかりますね。

(HPは基本そのままでさわらないので)

 

 

次にみる数値は、上記の検索で見てくれているのが新規様なのかリピーター様なのかです。

 

リピーターの場合は、何度もみて、気になっている方か、すでにご来店されているお客様が

電話番号やブログを見る為に見ている状態です

 

で、新規で見ている方が、グーグル等の検索であなたのお店を初めて見つけた方という事になります

 

例えば 『大垣 ネイルサロン』のキーワードで50人見てくれた

そのうち新規様は30人だった(グーグルアナリティクスの項目の新規とリピーターを見たらわかる)

とわかります。

 

そして、そのうちの実際、何人の方がお店に電話してきたのか?? が非常に重要になってきます。

 

例えば、30人みて、10人電話をしてきてくれたとします。ということは3人に1人が、

HPやブログを見て電話をしてきてくれたことになります。

(簡単にするために書いてますが、実際は3人に1人はないと思います)

 

実際の私のサイトでは15人見に来て1人電話あるぐらいでした
興味がある人が15人サイトを見に来て、電話が1人かぁ・・・・と自分で理解できるわけです。

 

同時に、電話が1日に何回なったのか? 何をみて電話をくれたのか? 等の最終的な数値に関しては

ここが一番重要な数値になるので、インターネットの数値化と同時に、店長が1日に電話が鳴った回数と、

相手の方が何を見て電話をしてきてくれたのかを記録していないと出来ません

(これはエクセル等で書いていく記録になります。)

 

という事は、電話でご予約をとれたお客様にも、今回はご予約が取れなかったお客様にも、

何を見て電話をしてきてくれたのか? を確実に正確に聞かないといけないわけです。

(この電話時の会話はレッスンの電話のとり方で詳細を)

 

この数値化はサロンの数値化になるので、また別のレッスンページで紹介してますが、

インターネット集客の数値化と同時にすることで、インターネットの数値化だけでは見えない、

さらに細かい部分まで分かってくるわけです。

 

 

このページでは 開業をしたばかりの、初めの集客だけに特化して”キーワード” ”新規&リピーター” 

だけを例にしてますが、次に大切になってくるのが、HPを見てくれている時間と、

直帰率(すぐページを離れた人がどれくらいいるか?)、ブログではリピーターが見てくれている数 等が

重要になり、それらも数値を見ながら改善していく項目なので、後程かいていきますが、

まずは ””キーワード”” ユニークユーザー数(オーガニック検索数)を大切にしてください。

 

 

ちょっと休憩 サロンの裏話

数値化をして、数値を改善するために何をするべきかを考え、実行していくのが好きになった私ですが、
数値化の大切さを知ってからは、数値で話すようになったのですが、

これは、オーナーや経営者ではいいのですが、現場のネイリストや店長になると・・・・
数値で話しても通用しない・・ というか、わかりにくい事が多い事がわかりました。

 

例えばですが、私のデータでは、お客様施術数 と 紹介 の % を出して、
この子だったら40%いけるかも・・・ と思って話しても、イマイチ理解してもらえない (汗

それは、数値の大切さを理解してないのでなくて、
数値を好きになる前の私のように、数字が嫌い、苦手な子が多かっただけだったんです。

 

それからは、 
『あなたの接客技術とネイル技術なら、今月中にあと6人は紹介増やせると思うから、
今週中に2人と、来週中に4人あるように、言い方を工夫してみて!』
と言うようにしました。

 

すると、数値として結果を出してくれるようになったので、やっぱり・・ と(嬉

数値化や数値をみて考えるのは経営者の役目ですが、次の、それを現場レベルで
”どうやればいいか? どう行動すればいいか?” という、
簡単に行動を起こせるようなレベルに変えるのも経営者の仕事だったんですね。

 

そして、それを達成する為に補助するのが店長の仕事・・・ と。


数値化は大切ですが、人に伝える場合は、数値、そのままでなく
””どうすればいいかの行動にまで移せるように簡単にして””伝える事が大切なんだな・・と知った時でした。

 

 

ネイルサロン集客は試行錯誤で加速する

 

先ほどの、どんなキーワードでお客様が調べているかがわかると(オーガニック検索)

お客様の今のニーズがわかります

 

”””わかります。””” というのは数字ででているので100%合っていることがわかるのです

 

このわかった後か大切であり、私たちが試行錯誤する事の元になってきます

(もしこの数があまりにも少ない場合は、お客様は違ったキーワードで探していることになるので、

 キーワード自体を変えていく必要があります。)

 

お客様の入り口がわかれば、そのページをもっと充実させ、内容も写真と文でシッカリ作りこんで、

いろいろなタイプの内容を、いろいろなお客様の目線で見た文章で、

同じキーワードで何種類かのページをブログでUPすると当然、電話も増えます。

(知りたい事の情報がたくさん書いてあり、それをみて納得した方は電話をしてきてくれるので)

 

 

私の場合は15人に1人が電話をしてきてくれると書きましたが、では、これを10人に1人

8人に1人が電話をしてきてくれるようにすれば、どうすればいいのか!?を考えていくのです。

 

もともとこの見に来てくれた30人は、あなたのお店のタイトルや、キャッチコピーに興味がある人が

来ているわけですので、内容がお客様にマッチしていれば自然と最強の集客ツールになり、

いきなり予約入れたいんですけど・・・となるはずなので、そうなるように試行錯誤考えて変えていきます。

 

と同時に、30人みて、30人の電話というのは実際無理という事を理解します。

 

30人見に来てくれた中には、なんとなく探している方から、今すぐ行きたくて探している方、

今行っているサロンから変えたい方、どんなサロンがあるか見てみたくて検索した方と、様々なので、

100%は無理です。

 

が、経営としては、出来る限り100%に近づける様に考えて変更していく事が仕事になります。

(ムリですが、常に見た人全員に電話を手に取らせるにはどうすればいいか?を考えます)

 

 

また、私の場合だと15人に1人と言いましたが、この15人に1人の新規様がご来店された時が、

先ほどの100%に近づける大きなチャンスになります。

 

常に ””お客様の行動を知る”” ””お客様が何を求めているのかを知る”” 

というのを頭に置いておくことで何が大切かを忘れないでください。

 

この15人のうちの1人のお客様は何故HPやブログをみて電話をくれたのか?

HPやブログのどこをみて電話を手に取ってくれたのか?

 

これに対しては考える必要がなく、お客様に直接聞くことです。

(皆さんもそうだと思いますが、ここは現場をしている人間から言うと非常に簡単ですね。店長としての仕事です)

 

そうすることで、どのポイントが気に入って電話をくれたのか、まだHPやブログで伝わってない部分を

お客様とお話しながら探っていき、その部分をまたHPやブログで強化していきます

 

そうしていくと、初めは15人みて1人だったお客様が13人みて1人、10人見て1人と、

お客様が見た時にメリットや行きたくなるポイントを充実することで上がっていきます。

 

電話が増えていくにつれ、1人でやっている場合は予約が埋まっていくので、

施術中の電話自体がとれなく、なかなか正確なデータがとれなくなってきますが・・・・。

それはそれでいい事なので。

 

これを実際に実行していく為には、インターネット集客を数値化して、お客様からの電話を数値化して、

何がポイントで電話をくれたのかを数値化して・・・ と、数値化が基本となってくるのです。

 

 

インターネットは結果が目に見える世界

 

ここまでで書いたように、インターネットの世界では、数字で結果が見える世界です。

※まだまだ私も全然使いこなせてないレベルに入る状態です

 

なんとなくやっていては結果は出ませんし、

偶然でたとしても、それが1年後、2年後まで続くのかはわからず、いつ電話が全くなくなるか・・・ 

という状態になってしまいます。

 

結果が目に見える事で、その結果を良くするためにドンドン行動するだけで、 どんどん結果が変わるので

結果が見える = 結果を簡単に変えられる という事です。

 

なのでいろいろやってみたけどダメだった・・・ なかなかうまくいかない・・・

 

と、何が原因かわからない状態や、不特定多数の何かのせいにする前に、

1つずつ、確実に自分で把握できるようにしていく事が大切です。

 

 

その第1弾がインターネットでの数値化でした。